有酸素運動とは

「有酸素運動」とはウオーキング(速歩)、ジョギング、サイクリング、水中運動等であり、運動の強さは、自分の能力の5割程度、つまり、軽く汗ばむ程度がよいとされています。
脈拍が1分間に110〜120を越えない程度が目安です。 

有酸素運動の効果

有酸素運動により心肺の機能が強化され、末梢の血液循環は改善し、代謝もよくなって、中性脂肪値が下がり、善玉コレステロール値(HDL-C)は上がってきます。運動には、高脂血症、高血圧、糖尿病などの危険因子の予防・治療効果のほか、持久力をつけ、ストレスを解消するといった効果もあります。

激しい運動をした方が早くやせるように勘違いしがちですが、激しい運動よりも軽い運動の方が有酸素運動を効率的に行い、同じ時間で脂肪燃焼量が多くなります。
さらに、脂肪が燃焼を始めるには20分程度の時間が必要ですので、それ以上運動をしないと脂肪燃焼効果はありません。
心拍数が1分間110〜120回を目安として、しだいに増やしていきます。

有酸素運動の要点

頻度:有酸素運動を週に3回以上(脂肪を効果的に燃焼)、合計1000から1500kcalを目標。
継続時間:有酸素運動を20分以上 続ける(45分以上続ければ効果的)。
強度:脈拍は1分間110〜120回
時間帯:運動する時間は食後1時間以後。早朝に血圧が高い方や、狭心症などがおきやすい方は早朝の運動は避け、やむを得ない場合でも起床して1時間以上たってから、準備運動を十分にしてからにしましょう。
水分補給:汗をかいたら水分を補給、ただしスポーツドリンクには糖分の多いものがあるので注意。